代表取締役 落合 昇

 弊社は、大正12年に創業して以来、めまぐるしく変化を遂げた日本の経済情勢・社会環境の中で90余年の永きに亘り、屋根・板金工事業を営み続けております。偏に御得意様各位をはじめ地域の皆様の力強い御支援、ご愛顧の賜と衷心より厚く御礼申し上げます。

 近年は、地球環境の改善が叫ばれる社会情勢を反映して、これに傾注した新建材が続々と開発・発売され、それに伴い工法も日々変化しております。 殊に弊社に拘わりの大きい問題は、省エネルギーとアスベストの対策です。
 エネルギー問題に関しましては、特に太陽光発電設備や高断熱新建材の採用による消費電力の縮小を推進することにあります。又、アスベスト問題に関しましては、過去に使用済みのアスベスト含有材の撤去や飛散防止対策等があります。

 このような例は、建設工事の中の屋根・板金工事を担う弊社が取り組まなければならない課題の一部分に過ぎませんが、これらを含めた建築に関する多くの課題は、建築主をはじめとして、拘わる全ての皆様の御理解と御協力無しには、解決を見ることはありません。

 今後 弊社と致しましては、新建材及び新施工法はもとより、特殊施工法につきましても、吟味・検討そして導入を積極的に推進し、時代のニーズに沿った完成建築物が、より完璧に・より安く・より早く御客様に引き渡せるよう、又、地域社会の発展と業界の地位向上の一役を担えるよう全社員一丸となり全力で務める所存でございますので、関係各位のより一層の御支援、御高配をお願い申し上げ、ご挨拶とさせていただきます。